糖尿病専門(内科)の茨城県笠間市の友部セントラルクリニック 水戸市からも通院便利 糖尿病代謝内科 甲状腺疾患 

友部セントラルクリニック 糖尿病専門
笠間糖尿病・甲状腺センター
茨城県笠間市鯉淵6679-11   0296-73-4110
HOME
医療機能情報
アクセス
リンク集
医療求人情報


友部セントラルクリニック概略
医院名 友部セントラルクリニック
診療科目
糖尿病代謝内科
一般内科
院長 飯 嶋 秀 郎
診療時間 ◆月-金
9:00-12:30
14:30-18:00
(金:9:00-12:30は2診体制)
◆土
9:00-12:30
休診日 木曜日,日曜日,祝祭日
住所
〒309-1703
茨城県笠間市鯉渕
6679-11
友部セントラルクリニック周辺地図
糖尿病と合併症
糖尿病の症状ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いです。しかし、糖尿病を長い間そのままにしておき、ひどくなると様々な合併症を引き起こします。

糖尿病の合併症の例

神経障害(手足のしびれ・壊疽など) 糖尿病網膜症
糖尿病腎症 脳梗塞(脳卒中)
心筋梗塞 下肢閉塞性動脈硬化症
糖尿病足病変 感染症
皮膚の病気  など

糖尿病の3合併症

上記の合併症の内、糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症を3大合併症と呼びます。糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てくるといわれています。

糖尿病神経障害

合併症の中で最も早く出てくるのが糖尿病神経障害です。末梢神経障害の足や手の症状は様々で、手足のしびれ、ケガや火傷の痛みに気づかないこともあります。そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、勃起障害(ED)など、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症になると、目の奥にある網膜の血管で血流が悪くなったり、出血したりします。進行すると、視力が低下することがあります。最悪の場合は失明することもあります。また、白内障、緑内障になる人も多いといわれています。

糖尿病腎症

糖尿病腎症になると、尿を作る腎臓の糸球体の毛細血管が悪くなり、だんだんに尿が作られなくなります。すると人工透析(機械で血液の不要な成分をろ過して、尿を作る)を行なわなければなりません。週に2~3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。


 
HOME医師紹介検査・診療体制院内施設写真紹介糖尿病代謝内科糖尿病と合併症甲状腺疾患とは
初診の流れ初診問診表よくあるご質問学会等の研究活動患者会・勉強会等イベント地域講演会医療機能情報
医療求人情報||アクセスリンク集サイトマップ
     Copyright(c) 友部セントラルクリニック All rights reserved produced by FARO